Hi!みのり~ニューヨークシティ・マラソンとその後~
52292442a95dcb9c5700059a

Hi!みのり~ニューヨークシティ・マラソンとその後~

¥1,620 税込

送料についてはこちら

全盲と下半身麻痺という二重のハンディをもちながら、ニューヨークシティ・マラソンを世界で初めて完走した女性、中王子みのりさん。 絶賛の拍手の後、彼女に何が起こったのか…。 この本は中王子みのりさんが、病魔と戦い退院後の自立した生活をめざす中で書かれたエッセーです。 ________________________ 一人で行うメイクや海外留学、ロッククライミング、旅行、料理、メール交換等の日常生活を日々ブログに書いていたみのりさん。 一人でこんなこともできるの!?と驚かされると同時に、彼女のとってもユーモアな文章は読む人をぐいぐい引き込む力を持っています。 障がい者と健常者がお互い固くならずに手を取り合って生きるヒントがたくさん詰まった一冊です。 ■中王子みのり 1973年9月9日浜松市に生まれる。3歳より視覚障害が始まり、高校まで視覚支援学校に通う。1993年に京都精華大学に入学。在学中にアメリカオハイオ州においてダスキン障害者リーダー養成海外派遣事業16期生として研修留学。1999年大学を卒業。その頃、下肢障害があらわれ、複合型けいせい対麻痺と診断される。福祉団体の紹介によりハンドサイクルを学び、ニューヨークシティ・マラソンに参加し完走する。その後病気は進行し、2009年腹部にポンプを埋め込む難手術を受ける。退院後もリハビリをしながら視覚障害者用パソコンを使い、翻訳やテープ起こしをしながら、自分のブログを制作。様々な福祉市民運動の団体に参加し、視覚障害者、車いす利用者のための街づくりに様々な提言を行っている。